ファイルの共有

作者ファイル

ファイルの共有

ファイルというものは、他の人と共有することが可能です。
ファイル交換ソフト(今日ファイルを言っているソフトウェア)は、インターネットでファイルを明らかでない数の一般市民と共有する目的でソフトウェアです。
ファイル交換ソフトと呼ばれています。
通常、それを呼びます。
そして、しばしば、グループウェアによって文を共有するときファイル共有と呼ばれているとき使用が著作権を侵害することがしばしば費やされるので、文書共有権から識別します。
ファイルを交換し合っている構造があるソフトウェアは、ソフトウェアが決定した排他的なプロトコルにおいて通信して、ファイル共有権ソフトウェアが唯一のネットワークを構成する明らかでない数のコンピュータの間で分担して、ネットワークに接続していました。
検索機能(ファイルを保持しているコンピュータと必要とするコンピュータの間で移動コースを守るあっている機能)をしばしば含めます。
効果的共有権を認識するためにPeerモデルにPeerを用いて情報交換することが、大部分のファイル交換ソフトによって、あなたはできました。
2001年以後、高速大きな能力コミュニケーション(ブロードバンド・インターネット接続)は世界中で発達しました。
そして、また、ファイル交換ソフトの利用者数は主に増加しました。
ファイル交換ソフトと呼ばれていることが、日本で、ファイル一対一を交換し合うために最初はメインであったので、しかし、ウィニーの後、複数による交換の後のファイル交換ソフトで呼ぶ対 複数は、一般にused.Availabilityでした一時は日付の本の9%、しかし、2010年で5.8%まで減少する利用を凌ぎました。
copyright(C)作者ファイル